2012年09月17日

夜を越えるということ。

夜を越えるということ。


越えた先には次の日があるということ。


次の日の光を受けるには、夜を越えなければということ。





今日の夜を越えると、和田亮一が劇団員としての最後の一日となります。


明日の夜を劇団員として越えることはありません。




万感の思いは、湿気を含んだ空気に匂いを感じさせます。


じゃーね。帰ってくんなよ。



Say Hello to Future、明日千秋楽です。








・・・・でも和田、留年したりして(笑







主宰でした。
posted by emukichi-beat at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作連絡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58326980
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック